無料体験のお申し込みはこちらから!

chapter30.「ブラックボックス。なぜ学習塾のHPに料金を明確に載せないのか?」英検対策・中学高校受験対策・学習塾

中学受験

学習塾を始めてからずっと思っているのですが、学習塾業界って割とブラックボックスみたいな所が多い。

HP見ても料金がわからなかったり、広告では安いな〜と思ったけど、いざ入会すると年単位で結構な金額がかかったりなどする。そんな経験ありませんか?

僕が逆の立場なら、いやいやもう少しわかりやすくしてくれと思うところ。

最初はいろいろ割引などがあり安く、通わせやすい印象だったが気付いたら年間で結構な金額払っていたなんて事ないでしょうか?

基本授業料+「夏季講習や教材費、年会費など」、、etc.,

それでも払ってしまうのが学習塾。一度入るとなぜか辞めづらい、、。

ある意味では学習塾は美容と似ていて、コンプレックスを無くすために存在している側面もあり、一度やったら抜け出せない、そんな体質があるのかもしれないと以前から思っている。

美容→容姿。学習塾→偏差値。

これ以上書くといろんな意味でヤバそうだし、お偉いさんから怒られそうだな。はい、口チャック。

うちの場合は1レッスンいくらみたいな感じで単純にやりすぎているせいか、なかなか儲からないのでたまに思う、広告はブラックボックスにした方がいいのか?

結論、ビジネスって難しい、どんなに本気で他には負けねえと意気込んでも

売り方見せ方で客入りが違うのが当たり前、そんな事わかり切っているはずなのに心のどこかできっといつか誰かがわかってくれるはず!なんて淡い期待をしてしまうが、世の中はそんな甘くない。時には偽善のつもりで自分の時間を売り切りして生徒と向き合ってもそんなものは自分の快楽にしか成り得ないと学んだ。それでも、心のどこかで誰かの役に立っていればいいなと思ってしまうのが教育かもしれない。

こんな事書くと、え?先生病んでる?と思うかもしれないが絶好調です。 最近、気持ちが燃えていて「いっちょやったろー」と意気込んでいます。ここ1〜2年で牙が抜かれたようにおとなしくしていたのですが、家庭教師を始めた頃の気持ちに復活しています。

しかし、わざわざ大学院に進学して経営学修士課程まで学びに行ったのに、いまだに中学生みたいにビジネスと自分の好きを割り切れないでいる私自身。あまちゃんである。

しかし、僕が憧れた教育って金とかうんぬんの前に、多少てめーが赤字しても生徒が笑ってる顔が見れたら良し、みたいな感じで始めたからしょうがない、しかし料金は見直している。今は講師の人件費も倍くらいに上がり教室の維持も大変なご時世。アホみたいに高くはしませんが、これは断言します→グループレッスン料金は一切廃止します。全員一律「個別指導」料金にします。今通っていただいている方は6月から変更で通知出します。その代わりに今年は通年でオンラインレッスン本気でやります。

もう一度原点回帰してみようと思う。

中途半端に同じサービスで競うなら、徹底的に違うサービスで競えばいいんじゃない?

修行。

コメント