無料体験のお申し込みはこちらから!

Chapter 35.「勝つ英語。楽しむ英語なんて金と暇がある人間がやればいい。」英検対策・中学高校受験対策・学習塾

はじめに、

英語を楽しむために学びたいと思っている方はこのまま閉じて頂いて大丈夫です。

その辺の英会話スクールでネイティブ講師とわちゃわちゃしてください。

今回は勝つ英語について私の持論を書きます。

勝つ英語とは?

試験(定期テスト)、受験(中学、高校、大学)、資格(英検、TOEICなど)の類に合格する事を指す。そしてその先にあるキャリアのために使用する。

これらのものは他者を蹴落として自分が良いポジションを得るために持ち得る武器であるのは間違いない。そして時には他者を守る武器にもなる。

みんなで手を繋いでお茶の子さいさいな気分で義務教育課程のゴールを目指すならうちに来る必要は無い。その辺の英会話キッズクラブの集団レッスンを受けてればいい。

人より尖りたいと思うならうちの教室に来て欲しい、誰になんて言われようが目標を設定して必ず到達させる。

最後に、

英語なんてものは思っているより難しくない。ただの言葉でしかない。英語が話せるだけの人間なんて腐る程いる。必要なのは英語を使用してその先で何を学ぶかである。英語は武器になる、資格は自身になる、一生の財産にもなる。資格は卒業証書と一緒、せっかく金だして学ぶなら英検を取れ。

たかだか、1年本気でやれば英検2級〜準1級くらい受かる。その代わり1日8時間はやる気を出す必要がある。現実的にそれが出来ないから全員が日割りで1時間程度勉強する。

生徒は口を揃えて言う、忙しいと、、。

しかし考えてみて欲しい、誰もが同じく忙しいだろう、てめーだけ特別なんてのはあり得ない、

その中で競い合っている。

って考えたら、本当はもっと使える時間あるんじゃない?

義務教育期間なんてあっという間に過ぎ去る。大人は誰もがそれを経験している。中途半端に甘い言葉で生徒を惑わすのは良くないから私は本気で言いたい。

残りの義務教育+大学など、本気でやれ、25くらいになって働いてから、少し高い店で最高な肉とワインでも飲みながら思う時が来る。

「あの時努力してよかったな」「趣味程度に英会話でも習おうかな〜」と。

その時になったら楽しく英語をやればいい。

そんな私は今日も缶ビール、貧乏センコーもいつか生徒と六本木か西麻布あたりの良い店で酒を飲みたい🍺

コメント