無料体験のお申し込みはこちらから!

【英語教育】英文法の重要性!英検三級取得済みでも定期テストで点数取れない訳

英語教育
英語検定対策レッスン風景

「英語は文法を勉強しなくても身につく」

「日本語で英文法を学べば習得が遅れる」

などなど、英語学習についてはさまざまな論争が巷で起こっていますが、学習塾の立場でこれまでたくさんの子供達の英語学習のサポートをしてきた身としては、英文法の必要性を声を大にして訴えたいです。

理由として、日本で英語を学ぶ限りゴールに受験があるからです。

もし、当ページをご覧の方で海外在住者や将来海外に留学したいと思っている方がいれば例外です。

その場合、受験英語<使える英語だからです。

日常生活で困らない英語力を身体で覚えることが重要で、複雑な英文法を学ぶ必要性は低いでしょう。

問題は、日本で英語を学ぶ場合です。

日本で子供が英語を学ぶ場合、多くの目標は受験や検定資格取得にあると感じます。

その場合、英語の成り立ちを文法でしっかり理解しておく必要があります。

be動詞と一般動詞とは何か?それぞれの違いは?

一つの文章を過去、現在、未来それぞれの時制に変え、更に肯定文、疑問文、否定文に展開させられるか?

英検3級を取得していても、上記の質問の意味すらさっぱりわからない子供たちは大勢います。

しかし、英検2級以上取得を目指し、日本の激しい受験戦争で勝ち抜くには、英文法を論理的に理解していなければ話になりません。

「聴くだけでも英文法は自然に理解できるようになる」

そんな無責任な言葉を星の数ほどの企業が呟くのはマーケティングだからです。

自分たちの会社の英語教材を売りたい。

サービスを使ってもらいたい。

人は皆、生きていくために必死です。

だからライバルに負けないようにあなたたちに甘くて楽な道があると言います。

しかし、英語学習は甘くありません。

時には甘く、時には苦い。

短くない時間をかけ、少しずつ脳は新しい言語の仕組みを理解し、下の筋肉がその言語の発音に適応していきます。

だからこそ語学学習は楽しく、奥深いのです。

英語教育
シェアする
ローカルラーニングの各種SNSをフォローする
ローカルラーニング清田

コメント