無料体験のお申し込みはこちらから!

「2024謹賀新年:A 1000times, We try!」

中学受験

新年のご挨拶

ローカルラーニング の生徒様へ、教室近隣にお住まいの皆様、この記事を見て頂いている皆様。

今年は新年早々、胸が苦しくなる大変なニュースが多く、笑顔で「あけましておめでとうございます」と言って良いのかと悩みながら、教室の新年初開校を迎えました。

石川県、能登半島地震により、被害に遭われた住民の皆様、ご家族の皆様に、当教室一同、心よりお見舞い申し上げます。

心が苦しい時だからこそ、愛と平和を願い、熱い気持ちを持って、いつかみんなが手を取り合って助け合い、笑い合える世界が実現するようにと行動することが大切だと思います。しかし、私に出来ることは少ないのも現実、だからこそ自分の目の前の生活や仕事を本気で全うして、この先の未来を担う子供たちに何かポジティブな物を伝えたいと思っています。いつか、うちの生徒には粋な大人になってほしいと願って、今年も僕が背中で見せれるように全力でたくさん動いて、笑って、本気で授業を致します。

昨年暮れから英検オンライン、サンタのボランティアなどで日々バタバタしてしまい、更新が遅くなってしまった事、お詫び申し上げます。

いつも記事を読んでいただいている保護者の皆様、生徒様、今年も私の日記のような本音記事を読んでいただけましたら幸いです。

新年を迎え、新年4日間は毎日飲んだくれた挙句に、気付いたら顔も体もパンパンに膨れ上がってしまった私ですが、「さあ、やるか!」と重い腹(正月にひとまわり大きくなったお腹)を上げて動き出しております。

朝日を眺めて、新鮮な気持ちを胸に抱き、今年も生徒に会えると思うと、ワクワクが止まらず、今年も笑顔で生徒に会える喜びを日々噛み締めながら、毎日を大切に過ごそうと誓いました。

私事ですが、今年は「動」をテーマに、日々動きます。教室はもちろん、オンラインのレッスンももっと深い内容で、新しく斬新で勢いのあるものにするために現在考えていますので、生徒の皆様、少々お待ちください。

そして、そろそろ髪を切りにいこうと思います、。髪が伸びすぎて鬼太郎みたいになっています、。実家の両親からは「髪ヤバ!!」と笑われました。

さて、英検、高校受験が直前に迫っていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今回が初めての英検の生徒様も3回目の挑戦の生徒様も全員が同じ舞台に立っています。そして、一生に一回の高校受験にのぞむ中学3年生の皆様、

今、この瞬間、君の心は燃えていますか?

正直こんなものでいいかと自分の実力を「出し惜しみ」していませんか?

今日を振り返って思わず笑顔が出るほど疲れて、ベッドに入った瞬間死んだように眠りにつくような勢いで、「努力」をしていますか?

本気になれない、甘えてしまう、それもまた経験です。しかし、今は本気になって甘えは捨てよう。もし一人で無理なら、私は24時間体制でいつでもPCの前で待機しています。✳︎24時以降はお酒を飲んでいますが、悩み相談には乗れます。

人間は弱いからこそ、誰かの支えが必要です。そして、うちの生徒には安心して欲しい、先生はいつでも、ここにいるし、ずっと君の見方だから安心してドーンとこい、たまには生徒と先生も本気で喧嘩するくらいでぶつかっていい、遠慮なんていらないし、若いうちから小綺麗に生きようとしなくていい、失敗も成功も本気で経験すれば心が強くなる。その経験を得るたびになん度でも一緒に受け止めるし、どんな状況でも一緒に乗り越える、

私には、先生として最後まで、「君の夢」を叶えるために目の前の道から逃げない自信がある。私自身、中学卒業間近に「君の行ける高校は無い」と校長と担任に告げられた偏差値不明の元不良だった、あれから気持ちを入れ替えて様々な経験を得て国立大学院に進学した。大学院に入学する前は毎日12時間机に向かって、鉛筆の握りすぎて手の筋肉がやばいことになった日もある。10代の時に親友が亡くなって、お葬式で泣きながら最後の挨拶を行い悲しみも覚えた。中学生の時には隣町の不良中学生50人に囲まれて喧嘩して人の痛みも覚えた。時には仲間の失敗を庇い、屈強な大人に囲まれて胸ぐらを掴まれすごまれながら朝まで土下座を強いられた。それでも逃げたことは無い。

辛いことや悲しいことは「生きていればこそ必ず経験する。」その苦しみを「乗り越えることが出来る」のは君の人生を歩む君しかいない、そして、人に優しく生きることが出来るのも君しかいない。一時の流行からyoutuberの真似して屁理屈や能書きばかり垂れても何も前には進まないから、今、目の前にある学生の本業、学びやスポーツ、仲間を本気で大切にして全力で楽しむ一年を過ごしてほしいと願っています!

いろんな価値観が入り乱れるこんな時代だからこそ私は教育に全てを捧げたいと願っている。先生もプライベートで町を歩けばただのアラサーだが、教室にいれば先生。しかし、生徒にとってみたらどこにいようと何をしていようと「先生はずっと先生」である。

2024年が始まって8日が経つ、2024年残りは357日、やるかやらないかは自分次第

明日もきっと一瞬で過ぎ去る、その一瞬をどう過ごすかは自分しか決めることが出来ない。

昨日よりも今日を、そして今年は去年よりも本気になろう👍

本年度もよろしくお願いいたします🤗

I’ve had a dream that you can do it

I’ve had that dream a thousand times.

FUTURO株式会社 ローカルラーニング 長浜正悟

コメント